コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝文選 ほんちょうもんぜん

3件 の用語解説(本朝文選の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝文選
ほんちょうもんぜん

江戸時代中期の俳文集。森川許六編。 10巻5冊。宝永3 (1706) 年刊。再版の際,内容の一部を改めて『風俗文選』と改題。第1巻に漢文体の作者列伝がある。松尾芭蕉の立てた俳文の格式にかなった文章を選ぶという趣旨のもとに編集した最初の組織的俳文集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほんちょうもんぜん【本朝文選】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝文選
ほんちょうもんぜん

俳文集。許六(きょりく)編。10巻10冊。1706年(宝永3)刊、井筒屋庄兵衛板。刊行直後に支考らの意見で『風俗文選』と改題して再版、再版本には五冊本、九冊本がある。芭蕉(ばしょう)(16編)をはじめとして、許六(32編)、支考(13編)ら蕉門俳人29人の俳文、総計116編を、中国の『文選』や『古文真宝(こぶんしんぽう)』に倣い、辞・賦・説・頌(しょう)など21類の文体ごとに分類して編集したもの。芭蕉の「幻住庵記(げんじゅうあんのき)」「柴門辞(さいもんのじ)」をはじめ、高雅荘重なるものあり、軽妙洒脱(しゃだつ)なるものあり、いずれも和文でありながら漢文の体にかなうことを理想としており、文章史上、俳文という一格を確立させたものとして、後世に決定的な影響を与えた。[堀切 實]
『『古典俳文学大系10 蕉門俳論俳文集』(1970・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝文選の関連キーワード山本孟遠風俗文選森川類柑子雲鈴(1)耳得橋本湛月森川袁丁森川俊常汶村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone