本葉(読み)もとは

精選版 日本国語大辞典「本葉」の解説

もと‐は【本葉】

または幹の、根に近いほうにある。⇔末葉(うらば)
※万葉(8C後)一〇・二〇八九「旗薄 本葉(もとは)もそよに 秋風の 吹き来るよひに」

ほん‐よう ‥エフ【本葉】

〘名〙 発芽時から葉の展開を見てゆく場合、子葉に対して子葉以後出てくる尋常葉をいう。ほんば。

ほん‐ば【本葉】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本葉」の解説

もと‐は【本葉】

草木の茎や幹に近い方にある葉。⇔末葉うらば
「はたすすき―もそよに秋風の吹き来るよひに」〈・二〇八九〉

ほん‐ば【本葉】

双葉のあとに出る葉。その植物の普通のをした葉になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android