朽木則綱(読み)くつき のりつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木則綱 くつき-のりつな

1651-1726 江戸時代前期-中期の武士。
慶安4年生まれ。朽木稙綱(たねつな)の次男。旗本。寛文元年兄の稙昌(たねまさ)から常陸(ひたち)(茨城県)のうち3000石を分与され,のち3000石加増される。元禄(げんろく)11年領地を近江(おうみ)(滋賀県)蒲生(がもう)・栗太(くりもと)・野洲(やす)3郡にうつされる。徳川家綱につかえ,正徳(しょうとく)4年大番頭(おおばんがしら)。石州流の茶人としても知られた。享保(きょうほう)11年5月22日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android