コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木稙治 くつき たねはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木稙治 くつき-たねはる

1665-1741 江戸時代中期の大名。
寛文5年11月7日生まれ。朽木稙昌(たねまさ)の子。朽木稙元(たねもと)の弟。徳川綱吉の小姓組番頭(ばんがしら)をつとめる。享保(きょうほう)11年甥(おい)の丹波福知山藩(京都府)3代藩主朽木稙綱(たねつな)が急死したため,62歳で4代をつぐ。学問にすぐれ,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)と親交があった。寛保(かんぽう)元年7月28日死去。77歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朽木稙治の関連キーワード朽木玄綱

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android