コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉井吉従 すぎい よしより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉井吉従 すぎい-よしより

1824-1907 幕末-明治時代の歌人。
文政7年5月17日生まれ。伊勢(いせ)津藩士。武芸目付,郡奉行。廃藩後は菅原神社神職。和歌を八木静修(せいしゅう),鬼島広蔭(きじま-ひろかげ)にまなび,のち後進に教授した。歌は「千百人一首」などにとられている。明治40年5月13日死去。84歳。伊賀(いが)(三重県)出身。通称は孫右衛門。号は芄蘭居。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉井吉従の関連キーワードルイ浅田育輝ビルマ戦争ブッシェルビルマ戦争ゴヤ(年譜)複成片麻岩内褶曲新派劇ケルビンカー効果