八木静修(読み)やぎ せいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木静修 やぎ-せいしゅう

1809-1857* 江戸時代後期の国学者。
文化6年生まれ。本居春庭(もとおり-はるにわ)にまなび,和歌にもすぐれた。大坂にすみ,北越,大津などを遊歴,のち若狭(わかさ)(福井県)小浜にとどまって子弟におしえた。安政3年12月20日死去。48歳。本姓は鏑木。名は尚平。字(あざな)は立礼。通称は新太郎。別号に樅陰。著作に「韵庫秘鑰(いんこひやく)」「大寄集畸語抄(おおよせしゅうきごしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android