杉本 哲郎(読み)スギモト テツロウ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の日本画家



生年
明治32(1899)年5月25日

没年
昭和60(1985)年3月20日

出生地
滋賀県大津市

本名
杉本 哲二郎(スギモト テツジロウ)

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校〔大正9年〕卒

経歴
大正2年、山元春挙画伯に師事。昭和12年インドに渡り、アジャンター壁画セイロン島シーギリヤの壁画模写を完成した。18年東本願寺南方美術調査隊長として、アンコールワット、ボロブドールなどを踏査。44年から12年がかりで、仏教ヒンズー教などの有名な場所を描いた「世界十大宗教壁画」を完成。著書に「杉本哲郎画集及び画論」「印度の古壁画を探る」「インド古代壁画の研究」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android