コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉村直記 すぎむら なおき

2件 の用語解説(杉村直記の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉村直記 すぎむら-なおき

1741-1808 江戸時代中期-後期の武士。
寛保(かんぽう)元年11月22日生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩家老。老中田沼意次(おきつぐ)としたしく,幕府の下賜金獲得,朝鮮貿易の振興など藩財政再建につくす。田沼失脚後,幽閉され文化5年3月3日死去。68歳。名は蕃祐。通称は虎太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉村直記

没年:文化5.3.3(1808.3.29)
生年:寛保1.11.22(1741.12.29)
江戸中期の対馬府中藩家老。父は大蔵,母は江戸の山田氏という。諱は蕃祐。一時期采女,大和,長門,伊勢などとも称した。明和3(1766)年江戸出府,天明8(1788)年に帰国するまで江戸家老として活動。朝鮮貿易衰退に伴う藩財政の窮状を江戸幕府に訴え,明和7年以降は毎年銀300貫を,安永5(1776)年以降は毎年金1万2000両を拝領するなど,しばしば幕府からの補助獲得に成功した。しかし朝鮮通信使聘礼の形態変更を意図する松平定信が老中になると,その障害として忌避され,帰国・隠居を余儀なくされた。さらに,易地聘礼を巡り府中藩内での意見対立が表面化すると,反易地派の領袖と目され,文化3(1806)年幕命により江戸に召喚。取り調べ中病死した。

(鶴田啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

杉村直記の関連キーワード寛保1808年5月3日ゴヤ(年譜)堀江六之丞杉村直記勢州阿漕浦農書(農業に関する書物)上田秋成検察ブルボン朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone