コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦翠子 すぎうら すいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦翠子 すぎうら-すいこ

1885-1960 明治-昭和時代の歌人。
明治18年5月17日生まれ。杉浦非水(ひすい)と結婚。北原白秋,斎藤茂吉に師事。「アララギ」に属して活躍するが脱退。昭和8年「短歌至上主義」を創刊,主宰した。昭和35年2月16日死去。74歳。埼玉県出身。女子美術学校(現女子美大)卒。旧姓は岩崎。本名は翠(みどり)。歌集に「寒紅集」「藤浪(ふじなみ)」など。
【格言など】うつそみの我やをみなご子を有(も)たぬ乳のふくらみ羞らひにつつ(「藤浪」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉浦翠子の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone