コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田文三 すぎた ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田文三 すぎた-ぶんぞう

1869-1927 明治時代の農事改良家。
明治2年9月4日生まれ。麦などの品種の改良にとりくみ,軽便な農具を考案し,簡易な農書をあらわした。村農会長をつとめ,郡農会,産業組合設立につくした。昭和2年3月7日死去。59歳。武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)出身。埼玉尋常師範卒。著作に「実用農業新書」「麦菽(ばくしゅく)改良栽培法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉田文三

没年:昭和2.3.7(1927)
生年:明治2.9.4(1869.10.8)
明治期の農業指導者。埼玉県比企郡大河村増尾の杉田助左衛門の長男。生家は農業を本業とし,かたわらに質屋と醤油醸造業を営んでいた。埼玉尋常師範学校を卒業して郷里で高等小学校に奉職し,その後農業経営に従事するとともに優良品種の育成,作物の栽培試験,農具の改良などに取り組んだ。公的には村農会長を務め,郡農会や産業組合の設立に尽力した。農政ジャーナリストとでも呼ぶべき人物であり,関東地区における実地経験をふまえた『実用養鶏全書』(1896,藤井平八郎と共著),『麦作全書』(1896),『実用農業新書』(1897),『麦菽改良栽培法』(1899)などを著した。<参考文献>山田竜雄「『麦菽改良栽培法』他解題」(『明治農書全集』4巻)

(佐藤常雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

杉田文三の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android