コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田文三 すぎた ぶんぞう

2件 の用語解説(杉田文三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田文三 すぎた-ぶんぞう

1869-1927 明治時代の農事改良家。
明治2年9月4日生まれ。麦などの品種の改良にとりくみ,軽便な農具を考案し,簡易な農書をあらわした。村農会長をつとめ,郡農会,産業組合の設立につくした。昭和2年3月7日死去。59歳。武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)出身。埼玉尋常師範卒。著作に「実用農業新書」「麦菽(ばくしゅく)改良栽培法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉田文三

没年:昭和2.3.7(1927)
生年:明治2.9.4(1869.10.8)
明治期の農業指導者。埼玉県比企郡大河村増尾の杉田助左衛門の長男。生家は農業を本業とし,かたわらに質屋と醤油醸造業を営んでいた。埼玉尋常師範学校を卒業して郷里で高等小学校に奉職し,その後農業経営に従事するとともに優良品種の育成,作物の栽培試験,農具の改良などに取り組んだ。公的には村農会長を務め,郡農会や産業組合の設立に尽力した。農政ジャーナリストとでも呼ぶべき人物であり,関東地区における実地経験をふまえた『実用養鶏全書』(1896,藤井平八郎と共著),『麦作全書』(1896),『実用農業新書』(1897),『麦菽改良栽培法』(1899)などを著した。<参考文献>山田竜雄「『麦菽改良栽培法』他解題」(『明治農書全集』4巻)

(佐藤常雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉田文三の関連キーワード吉見の百穴岡田温大熊徳太郎太田麻之助大塚奓恵八酒井馨遠山弘湖姫野佐平真家信太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone