李‐ロバノフ条約(読み)りろばのふじょうやく

  • 李ロバノフ条約

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1896年、ロシア、清(しん)国間に結ばれた秘密条約。露清同盟密約ともいう。李鴻章(りこうしょう)とロシア外相ロバノフとの間でモスクワで調印された。ロシアは1891年シベリア鉄道の建設に着手し、これに関連して中国東北への進出をねらっていた。95年、ロシアはいわゆる三国干渉を行って日本から遼東(りょうとう)半島を還付させ清国に恩を売った。96年、ニコライ2世の戴冠(たいかん)式列席のため、李鴻章がロシアを訪れると、ロシアは彼に強請してこの条約を締結させた。その際、多額の賄賂(わいろ)が使われたという。条約は全6条。この条約によりロシアは、中国東北を貫く東清(とうしん)鉄道の敷設権を得、以後、急速に同地方に進出していった。よく秘密が保たれたため、いろいろ推測がなされた。1896年、『ノース・チャイナ・ヘラルド』紙上で、カシニ(駐清ロシア公使の名)密約12条が発表され、これが李とロバノフの密約の内容であろうとされた。しかし、カシニ密約は存在せず、ロシア革命後になってようやく李‐ロバノフ条約の全貌(ぜんぼう)が明らかとなった。

[倉橋正直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android