コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国干渉 さんごくかんしょう

6件 の用語解説(三国干渉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国干渉
さんごくかんしょう

日清戦争講和条約である下関条約で認められた,日本のリヤオトン (遼東) 半島領有に反対するロシアフランスドイツの共同干渉。下関条約調印6日後の 1895年4月 23日,当時,満州への鉄道建設を目指していたロシア政府は,リヤオトン領有の放棄を日本に勧告し,ロシアとの同盟関係にあったフランス,ロシアの進出方向を極東にそらすことをねらっていたドイツもこれにならった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんごく‐かんしょう〔‐カンセフ〕【三国干渉】

明治28年(1895)、日清戦争の講和条約(下関条約)締結後、ロシア・フランス・ドイツの3国が日本に干渉を加え、条約で日本が得た遼東半島を清国に返還させた事件。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三国干渉【さんごくかんしょう】

日清戦争の講和条約(下関条約)による日本の遼東半島領有に反対する露・独・仏3国の干渉。1895年4月,3国は日本の遼東半島領有は朝鮮独立を有名無実にするとして東洋艦隊の武力を背景に清国への返還を要求。
→関連項目内田良平臥薪嘗胆御前会議小村寿太郎日清戦争ムラビヨフ旅順

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくかんしょう【三国干渉】

1895年4月23日,下関条約による日本の遼東半島割取要求に対し,ロシア,ドイツ,フランスが東洋艦隊の武力を背景に清国への還付を勧告した干渉事件。日清戦争の結果,日本が清国の心臓部に分割の刃をむけることがわかったとき,列強は日本とともに即時清国分割に着手するか否かの選択にせまられた。ロシアはイギリス,フランスと連合して朝鮮の独立と領土保全を要求することを決めた。ドイツは英仏露協調に取り残されることをおそれ,日本に領土割取の抑制を求めつつロシアに共同行動を提案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんごくかんしょう【三国干渉】

1895年(明治28)下関条約の調印の直後、露・仏・独の三国が日本に干渉し、遼東半島を清国に返還させた事件。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国干渉
さんごくかんしょう

日本の遼東(りょうとう/リヤオトン)半島分割に反対したロシア、ドイツ、フランス3国の干渉。日清(にっしん)戦争の講和条約である下関(しものせき)条約(1895年4月17日調印)で、日本は台湾、澎湖(ほうこ/ポンフー)列島とともに、中国の中央部に絶大な戦略的位置を占める遼東半島を中国に割譲させた。これに対し、調印後6日目、批准後3日目の4月23日、ロシア、ドイツ、フランス3国公使が外務省を訪れ、遼東半島を日本が所有することは、清国の首府を危うくし、朝鮮の独立を有名無実とし、極東の平和に障害となるから、その領有を放棄すべしと勧告してきた。ロシアをはじめとする列強の干渉を、日本政府は予期しないわけではなかったが、現実にそれが起こって対策に苦慮した。翌24日、大本営の置かれていた広島で急ぎ御前会議が開かれ、伊藤博文(ひろぶみ)総理大臣は、(1)勧告を拒絶して戦うか、(2)列国会議を開いて遼東半島問題をその会議で処理するか、(3)勧告を受け入れて恩恵的に清国に還付するか、の3案を提案、結局第二案を採択した。しかし舞子(神戸市)で病気療養中の陸奥宗光(むつむねみつ)外務大臣は、列国会議は新たな干渉を誘発する危険もあるとして反対、下関条約はあくまで批准交換し、日本の面目と威厳を保ち、それとは別に遼東半島の還付を考えるべきことを提案、伊藤もこれに賛成、天皇の裁可を得た。一方、陸奥は3国への回答を引き延ばすかたわら、イギリス、アメリカ、イタリアなどをしてロシアら3国を牽制(けんせい)させる方策、金州庁(きんしゅうちょう)を除く遼東半島の放棄、開港場の自由港化など、打開策を打診したが、もっとも頼りにしたイギリスが動かず、万策つきて、5月4日、日本政府は遼東半島の放棄を決定、翌日3国に通告、10日には天皇が詔勅でその旨を国民に告げた。日清両国は同年11月8日、遼東半島還付条約に調印、日本は還付の代償として庫平銀(こへいぎん)3000万両(テール)(邦貨4500万円)を得た。遼東半島分割は、それまで中国の周辺部分の侵略にとどまっていた列強の中国分割を一気に中国の中央部まで広げる先鞭(せんべん)をつけたもので、三国干渉は中国分割をめぐる列強の公然たる争いの第一歩となった。三国干渉後、日本では「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の声のもと、対ロシア戦争に備える動きが強まった。[中塚 明]
『陸奥宗光著『蹇蹇録』(岩波文庫) ▽宇野俊一著『日本の歴史26 日清・日露』(1976・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三国干渉の言及

【山東[省]】より


[山東の近代と日本]
 上記のような性格をもつ山東は,清末の列強の侵略に格好の門戸ともなった。日清戦争ののち1895年(光緒21),ロシア,ドイツ,フランスは,いわゆる三国干渉によって日本の遼東半島での利権獲得を制したが,その見返りとしてロシアは遼東半島を,ドイツは山東半島を要求した。いずれも華北を南北よりうかがう絶好の拠点であった。…

【下関条約】より

…清国は対日賠償のため巨額の借款を余儀なくされ,列強の利権要求を招いた。しかし,日本の遼東半島割取はロシア,ドイツ,フランスの三国干渉を招き,3国の武力に屈した日本は遼東半島を清国に還付し,国内では臥薪嘗胆(がしんしようたん)の声が起こった。【藤村 道生】。…

【日清戦争】より

…日本が戦争目的を転じた結果民衆の抵抗が激化すると,日本軍は旅順で住民虐殺事件を起こし,朝鮮でも抗日反乱が再起した。
[講和と三国干渉]
 清国はたび重なる敗戦により講和を望み使節を派遣したが,占領地域が不十分なため講和はなお時期尚早とみた日本は全権委任状の不備を理由に交渉を拒否,李鴻章の任命をまって3月20日下関春帆楼で講和会議を開いた。会議は日本が過大な条件を固守したため難航したが,李全権を狙撃・重傷を負わせる事件が起こり,国際世論の非難をおそれた日本の条件緩和をへて4月17日調印をみた。…

※「三国干渉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三国干渉の関連キーワード安政五ヵ国条約下関条約サザエさん国民の祝日ある日、嵐のようにほのぼの君残留孤児・婦人訴訟判決日本の台湾統治豪雨による農業被害ソ連・イラン条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三国干渉の関連情報