コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李邕 りよう Li Yong

1件 の用語解説(李邕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李邕
りよう
Li Yong

[生]上元2(675)/儀鳳3(678)
[没]天宝6(747)
中国,唐の文人,書家。揚州江都 (江蘓省) ,一説に広陵江夏 (湖北省) の人。『文選』の注者李善の子。字は泰和。北海の太守となったので李北海と称した。王羲之の書法を学んで独自の書体を開く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李邕の言及

【書】より

…その代表作に,楷書の《多宝塔碑》《麻姑仙壇記》《顔氏家廟碑》などがあり,行草の《祭姪文稿》《祭伯文稿》《争坐位帖》はとくに有名で,三稿と呼ばれている。顔真卿より少し前に,李邕(りよう)(678‐747)が王羲之の書風を学んで多くの行書碑を書き,また顔真卿以後では,柳公権が顔真卿の書を受けついで,さらに勁媚な書風を築き,当時の貴族社会にもてはやされた。五代になると,唐の中ごろに起こった革新的な潮流はやや停滞したが,ひとり楊凝式(ようぎようしき)が現れ,懐素,顔真卿などの影響を受けて縦逸な草書に特色を発揮した。…

※「李邕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李邕の関連キーワード村上元三沈佺期儀鳳暦上元節アリナ東京都西多摩郡檜原村上元郷大阪府寝屋川市打上元町大分県宇佐市上元重黒滝儀鳳野上元

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone