コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材/財 サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【材/財】[漢字項目]

〈材〉⇒ざい
〈財〉⇒ざい

ざい【材】

材木。木材。「通し柱に太いを使ってある」
原料。材料。「印のに角(つの)を用いる」
才能。また、才能のある人。「国家有用の

ざい【材】[漢字項目]

[音]ザイ(呉) サイ(漢)
学習漢字]4年
原料となる木。「材木角材製材
原料となるもの。「材料器材教材鋼材資材取材素材題材
役に立つ素質・能力。「逸材人材適材
[名のり]えだ・き・もとき・もとし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざい【材 wood】

木本植物の形成層の活動によってつくられる二次木部をいう。管状要素(道管要素あるいは仮道管),木部柔組織細胞,木部繊維などからなり,細胞壁は二次壁をもっていて厚く,木化する。形成層からつくられてしばらくは水分の通道に役だつが,やがてその機能を失い,その後は植物体の重い地上部を支える支持の働きをする。温帯・寒帯では形成層活動の季節変化によって年輪がつくられ,春材と夏材(または秋材)が区別できる。熱帯の樹木では年輪が明確ではないが,雨季と乾季を反映する構造がみられる場合がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざい【材】

材木。木材。 「檜ひのき-」 「良質の-を使って建てた家」
木本植物の茎の木質の部分をいう。道管・木部柔組織・木部繊維などから成り、温帯以北では年輪が見られる。
才能や能力のある人物。人材。 「有為の-を育成する」
物を作るときのもとになるもの。材料。 「小説の-を古代にもとめる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ざい

植物において、形成層の活動によってその内側に形成された二次木部をいう。形成層の活動の程度や永続性は植物の種類で異なり、数年以上にわたって材を形成し続けるのがいわゆる樹木である。[鈴木三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の材/財の言及

【木材】より

…木本植物の木質化した部分の呼称。樹木として生きている立木(りゆうぼく)は根,幹,枝の各部分で内側に木材を,外側に樹皮を生産し続けている。これは樹皮と木材の中間にある形成層の働きによるものであるが,樹皮に比べて木材の生産量がはるかに多いので,木材は樹木の大部分を占め,樹木は外側に肥大していき,上下にも伸びていく。この木材の中で,その形質を生かして工業的あるいは工芸的に主として利用されるのは幹の部分(太い枝の部分も含む)であり,その他はパルプ材,燃料材などのように原材料的に使われることが多い。…

【木】より

… 維管束植物のうち,現生のシダ植物には,ハナヤスリ科など少数の例を除いて二次肥大生長をするものがないので,典型的な木本植物はない。ヘゴの仲間は直径30cmにも及ぶ幹をつくり,木生シダ類といわれるが,この幹は立ち上がった茎(二次生長はみられず,せいぜい直径3cmくらい)の周辺に,葉柄の基部や根が絡まって太い見せかけをつくっているだけで,材の発達した真正の樹幹はもたない。古生代には,有節植物や小葉植物に属する封印木,蘆木(ろぼく)や鱗木のように高さ数十mに達するものも生育していた。…

【厚角組織】より

…厚角組織そのものが厚壁組織にかわることもある。また,二次組織の中では,材が支持の働きをもっている。【原 襄】。…

※「材/財」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

材/財の関連キーワードケイ藻土(珪藻土)グラスファイバービニール系床材スイングヤーダ羽柄物・端柄物グラスウール日本特殊塗料ウオルナット人工骨材床張替え床板工事決り食みニチアスベイヒバ心持ち材マカンバ小屋組みホオノキ積層材ラワン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android