コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上仏山 むらかみ ぶつざん

美術人名辞典の解説

村上仏山

江戸後期・明治の漢詩人。豊前生。名は剛、字は大有。はじめ筑前の原古処、のち亀井昭陽貫名海屋に師事する。天保6年に帰郷し、私塾水哉園を開き、末松謙澄をはじめ多くの門人を教えた。明治12年(1879)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上仏山 むらかみ-ぶつざん

1810-1879 江戸後期-明治時代の漢詩人。
文化7年10月25日生まれ。豊前(ぶぜん)京都(みやこ)郡(福岡県)上稗田村の人。原古処(こしょ),亀井昭陽(しょうよう),貫名海屋(ぬきな-かいおく)らにまなぶ。郷里で私塾水哉園をひらき,田園詩人として知られた。門人に末松謙澄ら。明治12年9月27日死去。70歳。名は剛。字(あざな)は大有。著作に「仏山堂詩鈔」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の村上仏山の言及

【豊前国】より

…福沢諭吉も中津藩の出である。このほか,国学では渡辺重名,儒学では私塾〈水哉園〉で幾多の俊秀を育てた村上仏山らがいる。【野口 喜久雄】。…

※「村上仏山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村上仏山の関連キーワード福岡県行橋市上稗田末松 謙澄安広伴一郎坂本葵園明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android