コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫名海屋 ぬきな かいおく

美術人名辞典の解説

貫名海屋

江戸後期の文人書画の巨匠・儒者。徳島生。姓は吉井、名は、字を君茂・子善、通称は泰次郎、別号菘翁・方竹山人・須静山人等。書は西宣行に師事して宋法を学ぶ。近世第一の能書家と称され、須静塾を開く。晩年には下鴨神社に奉仕し、諸国を遊歴した。文久3年(1863)歿、86才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬきな‐かいおく〔‐カイヲク〕【貫名海屋】

[1778~1863]江戸後期の書家画家阿波の人。本名、苞(しげる)。字(あざな)は子善、または君茂。別号、海客・菘翁(すうおう)など。空海をはじめ和漢の書を研究。南画にすぐれたほか、京都で須静塾を開いて儒学も講じた。幕末三筆の一人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貫名海屋 ぬきな-かいおく

1778-1863 江戸時代後期の儒者,書家,画家。
安永7年3月生まれ。文人画鉄翁祖門(てっとう-そもん)にまなび,書は空海の影響をうけ,幕末の三筆のひとりといわれた。儒学は中井竹山に師事し,京都で須静塾をひらいた。文久3年5月6日死去。86歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。本姓は吉井。名は苞。字(あざな)は子善,君茂。別号に海客,菘翁など。作品に「白玉井銘」(書),著作に「須静堂詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

貫名海屋

没年:文久3.5.6(1863.6.21)
生年:安永7.3(1778)
江戸後期の儒者,書家,画家。阿波(徳島県)の生まれ。本姓は吉井。名は苞。字は子善,君茂。号は海仙,海客,林屋,海叟,摘菘翁,菘翁,菘叟,方竹山人,須静主人,三緘主人など。通称は政三郎,省吾,泰次郎。父の名は直好。市河米庵,巻菱湖と並ぶ「幕末の三筆」のひとり。書を西宣行 に,画を狩野派の矢野典博に習い,のち南宗画に転じた。壮年,高野山に登り,空海の筆跡に心酔し,以後各地を遊歴して書画の研鑽に努めた。特に晋・唐の碑法帖の臨模に専念し,独自の書風を樹立した。85歳の春ごろに中風を患い,翌年にかけての最晩年に,中風様と呼ばれる気迫のこもった傑作を残している。

(河合仁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬきなかいおく【貫名海屋】

1778‐1863(安永7‐文久3)
江戸時代の儒者,書画家。本姓は吉井,名は直知また苞。字は子善また君茂。林屋,海屋,海叟,海客,菘翁(すうおう)などと号した。阿波徳島藩士の家に生まれる。大坂に出て儒学を中井竹山に学び,のち京都で須静塾を開いた。書名は高く,晋・唐の法帖(ほうじよう)を臨摹(りんも)し,また平安期の名跡を学んで古雅秀麗な書風をつくり,幕末を代表する能書の一人となった。また少年時代から画を好み,はじめ狩野派を学んだが,のちに長崎に遊学し鉄翁について南画を修得。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぬきなかいおく【貫名海屋】

1778~1863) 江戸末期の書家。阿波国の人。名は苞しげる。字あざなは子善。別号、菘翁すうおう。幕末の三筆の一人。中国の碑版法帖を多数収蔵、鑑定にも長じる。唐碑や空海などの筆跡を研究。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貫名海屋
ぬきなかいおく

[生]安永7(1778).阿波,徳島
[没]文久3(1863).5.6. 京都
江戸時代後期の南画家,書家。阿波蜂須賀藩士の次男。名は苞 (ほう) ,字は君茂,号は海屋,別号は菘翁 (すうおう) 。大坂に出て儒学を学び京都で塾を開いた。少年時代から書画を好み,絵は初め狩野派,のち長崎で鉄翁祖門 (→日高鉄翁 ) に師事。書にもすぐれ幕末の三筆と称された。主要作品『永源寺秋景図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫名海屋
ぬきなかいおく
(1778―1863)

江戸末期の儒者、書家、画家。阿波(あわ)(徳島県)の人。藩の家老、稲田淡路守(あわじのかみ)の弓術指南であった吉井直幸の二男として生まれ、27歳のとき本姓である貫名氏を名のる。名は苞(しげる)、字(あざな)は子善または君茂。通称を政三郎、のち省吾あるいは泰次郎といい、拾翠(しゅうすい)、海仙、海客、林屋、海屋、海叟(かいそう)、菘翁(すうおう)、菘叟のほか、摘菘翁、方竹山人、須静主人など多くの号を用いた。徳島の西宣行(双渓)に書の手ほどきを受け、絵は藩の絵師で祖父にあたる矢野典博(やののりひろ)(?―1799)に狩野(かのう)派を学んだ。また、伯父を頼って高野山(こうやさん)に登り、山内の図書を学ぶと同時に、空海の真跡に接してその影響を受け、下山後は、大坂の儒者、中井竹山の懐徳堂に入り、その塾頭となった。やがて書画研究のため諸国を遊歴し、ことに長崎では日高鉄翁(1791―1872)から南画を教授され、東海道、中山道を経て、一時江戸にもとどまったが、のち京都に須静塾を開いて儒学を講じた。晩年は、もっぱら書家としての名声を博して京都第一とうたわれた。古碑法帖(ほうじょう)の優品を学んでそこから一歩ぬきんでた品格の高い独自の書風は、市河米庵(いちかわべいあん)、巻菱湖(まきりょうこ)とともに「幕末の三筆」と称され、明治の書壇でも高い評価を受けた。[松原 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貫名海屋の言及

【三筆】より

…諱は如一(によいち),木庵の法弟)を〈黄檗の三筆〉,また近衛信尹(のぶただ)(号は三藐院(さんみやくいん)),本阿弥光悦松花堂昭乗を〈寛永の三筆〉と呼ぶが,この呼名もおそらく明治以降であろうといわれ,1730年代(享保年間)には寛永三筆を〈京都三筆〉と呼んでいる。また巻菱湖(まきりようこ),市河米庵貫名海屋(ぬきなかいおく)(菘翁(すうおう))の3人を〈幕末の三筆〉という。三蹟【栗原 治夫】。…

【書】より

… 幕末には明の文芸的な文化として文人趣味が流行し,書画をよくし作詩の教養を重んじる,池大雅,皆川淇園,与謝蕪村,頼山陽などの文人書家が知られる。このころ書のみで一家をなした市河米庵貫名海屋(ぬきなかいおく)・巻菱湖(まきりようこ)は〈幕末の三筆〉と呼ばれる。この3人は晋・唐の書法を基礎として学問的研究を進めたが,米庵はとくに宋の米芾(べいふつ)に傾倒し,書論等も著し,その著《墨場必携》は揮毫用の範例を示したものとして今日にまで重宝されている。…

※「貫名海屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

貫名海屋の関連キーワード山本 梅荘日下部鳴鶴村田 香谷山崎雲山吉田公均浜地庸山三津理山和田智満島村紀孝谷口靄山日根対山内村鱸香高井鴻山原田柳外松田雪柯横山雲安加藤竹窓新川源治村上仏山貫名海雲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android