コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上倫 むらかみ りん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上倫 むらかみ-りん

1840-1889 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年2月6日生まれ。長門(ながと)(山口県)清末(きよすえ)藩士。元治(げんじ)2年(1865)藩命で萩(はぎ)藩の内戦,対馬府中藩の内紛の調停につとめる。第2次幕長戦争では藩の司令として浜田口に出陣した。明治22年1月死去。50歳。本姓は阪本。通称は恕八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村上倫の関連キーワードアヘン戦争シュティフターレールモントフ森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android