村上源蔵(読み)むらかみ げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上源蔵 むらかみ-げんぞう

1814-1868 幕末の庄屋。
文化11年生まれ。因幡(いなば)(鳥取県)岩井郡新井村の人。戊辰(ぼしん)戦争に際して山陰道鎮撫総督西園寺公望(さいおんじ-きんもち)が同郡を通過したとき,輸送用の人馬があつまらず,責任をとって慶応4年2月5日自害した。55歳。名は光直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android