コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上通康 むらかみ みちやす

1件 の用語解説(村上通康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上通康 むらかみ-みちやす

1519-1567 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)16年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)来島(くるしま)城主。伊予守護の河野通直に属し,のち娘婿となる。天文(てんぶん)24年(1555)厳島(いつくしま)の戦いで,毛利元就(もとなり)の水軍として陶晴賢(すえ-はるかた)とたたかう。のち織田信長にしたがった。子の通総(みちふさ)の代から来島姓を名のる。永禄(えいろく)10年死去。49歳。通称は右衛門大夫

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村上通康の関連キーワードマクシミリアンムルナーマクシミリアンシャンボール城園比屋武御嶽斎藤龍興レオナルド・ダ・ヴィンチ岐阜の地酒アンリコルテス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone