村中李衣(読み)むらなか りえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村中李衣 むらなか-りえ

1958- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和33年10月21日生まれ。安藤美紀夫師事。慶大医学部助手となり,小児病棟で読書療法にとりくむ。昭和60年「小さいベッド」で病気の子の内面をえがき,産経児童出版文化賞。平成2年「おねいちゃん」で野間児童文芸賞。山口県出身。筑波大卒。本名高橋久子著作ほかに「子どもと絵本を読みあう」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村中李衣の関連情報