村井 吉兵衛(読み)ムライ キチベエ

20世紀日本人名事典「村井 吉兵衛」の解説

村井 吉兵衛
ムライ キチベエ

明治・大正期の実業家 村井商店創業者。



生年
文久4年1月22日(1864年)

没年
大正15(1926)年1月2日

出生地
京都府

経歴
9歳で叔父の煙草商・村井吉兵衛養子となり、家督相続。外国煙草の製法を学び、明治23年日本初の両切り紙巻き煙草「サンライス」を製造発売し、村井兄弟商会を設立。翌年美人画のカードなどを入れて販売したところ、爆発的に売れ、一挙に洋式タバコが普及した。さらに「ヒーロー」「ヴァージン」などの新製品を出し、岩谷松平岩谷商店天狗煙草」と激しいシェア争いを展開、世間の注目を浴びた。37年煙草専売法実施を機に政府に売却し、東京に村井銀行を設立。鉱山石油、製糖、製粉などの諸事業に関係し、京都財界でも活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「村井 吉兵衛」の解説

村井 吉兵衛 (むらい きちべえ)

生年月日:1864年1月22日
明治時代;大正時代の実業家
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android