村井れい(読み)むらい れい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井れい むらい-れい

1887-1958 大正-昭和時代の箏曲(そうきょく)家。
明治20年11月22日生まれ。筑紫箏(つくしごと)の演奏家。筑紫流箏曲の伝承者である義兄の野田聴松から伝授書をうける。昭和32年同門の井上ミナとともに選択無形文化財保持者に選定された。昭和33年8月17日死去。70歳。佐賀県出身。筑紫高女卒。旧姓前川。号は松琴。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村井れいの言及

【筑紫箏】より

…政方の佐賀における門下の系統は,他系の吸収にもつとめ筑紫箏の復興を図り,今泉千春(1775‐1836)は,それまでの伝承を整理して,《松響閣箏話》などを著した。その子千秋から野田聴松を経て,現代の伝承者へと伝えられたが,村井れい(1887‐1958)の没後は,井上ミナ(1895‐1995)一人が伝承するのみとなってしまった。 賢順作曲と伝える古曲を〈十曲〉または〈詠曲〉と称し,ほかに〈秘伝(秘詠)〉〈奥儀(奥詠)〉と称する秘伝曲もあるが,それらの分類および曲目は,時代による異同が著しい。…

※「村井れい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android