村山当安(読み)むらやまとうあん

  • 1562?―1619

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸前期の長崎代官。海外貿易やキリシタンとしても知られる。名前は諸書に東安、等安、安東などとあるが、自らは「村山当安安当仁与」と署名している。末尾は教名のアントニヨの当て字。出自は明らかでないが、長崎に移り住んでいた間、文禄(ぶんろく)の役(1592~96)のため名護屋(なごや)にとどまっていた太閤(たいこう)秀吉に認められ、長崎代官となり、朱印船貿易において大いに財をなした。一家はこぞってキリシタンとなったが、当安はイエズス会と争ったために、彼らからは「背教者」かつ悪徳の人物と報告される。一方ドミニコ会員は当安を殉教者として賞賛してやまなかった。1619年(元和5)幕府の命により江戸で処刑された。[松田毅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android