村山当安(読み)むらやまとうあん

  • 1562?―1619

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸前期の長崎代官。海外貿易やキリシタンとしても知られる。名前は諸書に東安、等安、安東などとあるが、自らは「村山当安安当仁与」と署名している。末尾は教名のアントニヨの当て字。出自は明らかでないが、長崎に移り住んでいた間、文禄(ぶんろく)の役(1592~96)のため名護屋(なごや)にとどまっていた太閤(たいこう)秀吉に認められ、長崎代官となり、朱印船貿易において大いに財をなした。一家はこぞってキリシタンとなったが、当安はイエズス会と争ったために、彼らからは「背教者」かつ悪徳の人物と報告される。一方ドミニコ会員は当安を殉教者として賞賛してやまなかった。1619年(元和5)幕府の命により江戸で処刑された。

[松田毅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android