朱印船貿易(読み)しゅいんせんぼうえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱印船貿易
しゅいんせんぼうえき

海外渡航許可の朱印状をもつ朱印船によって行われた貿易。室町時代の琉球貿易でも行われたが,豊臣秀吉の時代に本格的に実施され,江戸時代鎖国にいたるまでが最盛期であった。その隆盛の原因としては,関ヶ原の戦い後の国内諸産業の発展,銀産出の増大,倭寇による中国との交通断絶の対策として,中国以外の地で交易を行う必要性があったことなどがあげられる。朱印船企業主には,島津,鍋島,加藤,細川など主として西南の諸大名,京都の角倉了以,茶屋四郎次郎,大坂の末吉孫左衛門,長崎の末次平蔵荒木宗太郎らの主要商業都市の商人,W.アダムズヤン・ヨーステン,中国人の李旦らの外国人もあった。渡航先は南シナ,インドシナ,シャム,マレー半島,フィリピンなどで,なかでもコーチ,カンボジア,シャム,ルソンの4地が多く,日本町も発達した。輸出品は銅,鉄,樟脳,日用品など,輸入品は生糸絹織物綿布,皮革,蘇木 (そぼく) ,鉛,錫,砂糖などで,1隻に 100~1000貫以上の銀と商品をたずさえて,商品を買付け,南洋各地の市場で 100%以上の純益をあげた。しかし幕府が鎖国方針により貿易に制限を加えるようになり,寛永8 (1631) 年奉書船制度が設けられ,同 12年鎖国政策が実施の運びとなると朱印船の海外渡航は全面的に禁止され,代ってオランダ東インド会社の商権が拡大された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅいんせんぼうえき【朱印船貿易】

御朱印船による海外貿易。マカオ・ルソン・シャム・ジャワなどに銀・銅・硫黄いおう・刀剣などを輸出し、生糸・絹織物・綿布などを輸入した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の朱印船貿易の言及

【異国御朱印帳】より

…前半を《異国御朱印帳》,後半を《異国渡海御朱印帳》といった。朱印船貿易の史料としてきわめて貴重であり,朱印船主80名,渡航船数は延べ178隻が明らかにされている。【中田 易直】。…

※「朱印船貿易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱印船貿易の関連情報