コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山拙軒 むらやま せっけん

1件 の用語解説(村山拙軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山拙軒 むらやま-せっけん

1832-1893 幕末-明治時代の医師,漢学者。
天保(てんぽう)3年生まれ。塩田順庵の次男。幕府医官村山氏の養子。万延元年の遣米使節に外科医として随行。その記録に「奉使日録」がある。維新後は文部省などにつとめ,また博物局で黒川真頼(まより)らと「工芸志料」を編修した。明治26年3月23日死去。62歳。名は徳淳。字(あざな)は大樸。別号に伯元。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村山拙軒の関連キーワード東京大学雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎寺島宗則寺島宗則史籍集覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone