コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山松根 むらやま まつね

2件 の用語解説(村山松根の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

村山松根

国学者・鹿児島藩主。樺山資満の三男。勤王の諸士と交わり国事に奔走する。維新後、梨本宮家令となる。歌を香川景恒八田知紀に学ぶ。家集に『忘貝』がある。明治15年(1882)歿、61才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山松根 むらやま-まつね

1822-1882 江戸後期-明治時代の武士,歌人。
文政5年9月生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士木村家をつぐ。嘉永2年(1849)お由羅(ゆら)騒動で福岡藩にのがれた。のち召還されて村山と改姓,京都留守居副役となる。維新後は神職,華族の歌道師範。明治15年1月4日死去。61歳。本姓は樺山。名は時澄。通称ははじめ仲之丞,斉助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone