コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山松根 むらやま まつね

2件 の用語解説(村山松根の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

村山松根

国学者・鹿児島藩主。樺山資満の三男。勤王の諸士と交わり国事に奔走する。維新後、梨本宮家令となる。歌を香川景恒八田知紀に学ぶ。家集に『忘貝』がある。明治15年(1882)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山松根 むらやま-まつね

1822-1882 江戸後期-明治時代の武士,歌人。
文政5年9月生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士木村家をつぐ。嘉永2年(1849)お由羅(ゆら)騒動で福岡藩にのがれた。のち召還されて村山と改姓,京都留守居副役となる。維新後は神職,華族の歌道師範。明治15年1月4日死去。61歳。本姓は樺山。名は時澄。通称ははじめ仲之丞,斉助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村山松根の関連キーワード狩野水子呉来安関直吉椿月杵都静館田鶴丸町田梅屋溝口桂巌村瀬双石山田潮月吉村斐山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone