コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山由佳 ムラヤマユカ

2件 の用語解説(村山由佳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むらやま‐ゆか【村山由佳】

[1964~ ]小説家・童話作家。東京の生まれ。童話作家として執筆活動を開始。恋愛小説を発表し若い女性の支持を得て、人気作家となった。「星々の舟」で直木賞受賞。他に「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」「きみのためにできること」「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山由佳 むらやま-ゆか

1964- 平成時代の小説家,童話作家。
昭和39年7月10日生まれ。OL,有線放送アナウンサーなどをへて作家となる。平成3年「いのちのうた」で環境童話コンクール大賞。15年それぞれに悩みをもった家族の愛をえがいた連作集「星々の舟」で直木賞。21年「ダブルファンタジー」で中央公論文芸賞,柴田錬三郎賞,島清恋愛文学賞。東京出身。立大卒。著作はほかに「すべての雲は銀の…」「天子の卵(エンジェルス・エッグ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村山由佳の関連キーワード小川未明ハウフ赤江瀑富島健夫松原至大横山美智子今村夏子玖村まゆみ恩田陸小野不由美

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村山由佳の関連情報