コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松文三 むらまつ ぶんぞう

1件 の用語解説(村松文三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松文三 むらまつ-ぶんぞう

1828-1874 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年5月25日生まれ。駿河(するが)(静岡県)の医師村松家の婿。京都で国事に奔走,天狗(てんぐ)党の挙兵にくわわったのち各地に潜伏した。維新後は伊那(いな)県少参事。僧月性(げっしょう)作として知られる漢詩「男児立志出郷関」は,文三の作とする説が有力。明治7年1月死去。47歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は幸崎。号は香雲,青狂。
【格言など】人間(じんかん)到る処青山(せいざん)有り(「男児立志出郷関」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村松文三の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛勝野森之介上岡胆治川勝寛治田中長九郎谷村直三間半二室貞蔵山県与市

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone