コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松文三 むらまつ ぶんぞう

1件 の用語解説(村松文三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松文三 むらまつ-ぶんぞう

1828-1874 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年5月25日生まれ。駿河(するが)(静岡県)の医師村松家の婿。京都で国事に奔走,天狗(てんぐ)党の挙兵にくわわったのち各地に潜伏した。維新後は伊那(いな)県少参事。僧月性(げっしょう)作として知られる漢詩「男児立志出郷関」は,文三の作とする説が有力。明治7年1月死去。47歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は幸崎。号は香雲,青狂。
【格言など】人間(じんかん)到る処青山(せいざん)有り(「男児立志出郷関」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村松文三の関連キーワードツンベリースティロライトアディノールワイマールシュレーゲル(兄弟)ズールー王国飯田新七(初代)哥沢芝金(初代)小宮山弥太郎西村茂樹

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone