コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬秋水 むらせ しゅうすい

2件 の用語解説(村瀬秋水の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

村瀬秋水

幕末・維新の書画家。美濃生。総庄屋村瀬平次郎の子。兄は頼山陽の高弟村瀬藤城。名は徽、字は世猷、通称を平三郎、別号に韓江・秋翁等。初め張月樵に学び、のち中林竹洞野呂介石に就く。また頼山陽に詩文の教えを受け、長崎では僧鉄翁祖門とも交わる。詩書画ともに風韻に富み、近世南画壇に重きをなした。著書に『南遊墨戯』『南画門答』等。明治9年(1876)歿、82才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬秋水 むらせ-しゅうすい

1794-1876 江戸時代後期の画家。
寛政6年生まれ。村瀬藤城(とうじょう)の弟。美濃(みの)(岐阜県)上有知(こうずち)の人。張月樵(ちょう-げっしょう),野呂介石にまなび,郷里で書画に専心した。明治9年7月29日死去。83歳。名は清。字(あざな)は世猷。通称は平三郎。書画集に「秋水山人墨戯」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone