コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬秋水 むらせ しゅうすい

美術人名辞典の解説

村瀬秋水

幕末・維新の書画家。美濃生。総庄屋村瀬平次郎の子。兄は頼山陽の高弟村瀬藤城。名は徽、字は世猷、通称を平三郎別号韓江・秋翁等。初め張月樵に学び、のち中林竹洞・野呂介石に就く。また頼山陽に詩文の教えを受け、長崎では僧鉄翁祖門とも交わる。詩書画ともに風韻に富み、近世南画壇に重きをなした。著書に『南遊墨戯』『南画門答』等。明治9年(1876)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬秋水 むらせ-しゅうすい

1794-1876 江戸時代後期の画家。
寛政6年生まれ。村瀬藤城(とうじょう)の弟。美濃(みの)(岐阜県)上有知(こうずち)の人。張月樵(ちょう-げっしょう),野呂介石にまなび,郷里で書画に専心した。明治9年7月29日死去。83歳。名は清。字(あざな)は世猷。通称は平三郎。書画集に「秋水山人墨戯」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村瀬秋水の関連キーワード土屋邦敬吉田耕雲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android