コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野呂介石 のろ かいせき

8件 の用語解説(野呂介石の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

野呂介石

江戸後期の南画家。紀州生。名は隆、のち第五隆と称する。字は隆年・松齢、別号に矮楳・混斎・十友窩等。初め桑山玉洲に学び、のち池大雅門に入る。47才で紀州藩に召され絵師となる。那智瀑布図を得意とし、また竹石にも妙を得た。世に長町竹石・僧愛石と共に三石と称される。文政11年(1828)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のろ‐かいせき【野呂介石】

[1747~1828]江戸後期の南画家。紀伊の人。名は隆。池大雅(いけのたいが)の門下。山水竹石にすぐれ、紀州藩御用絵師となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野呂介石 のろ-かいせき

1747-1828 江戸時代中期-後期の画家。
延享4年1月20日生まれ。儒学を伊藤蘭嵎(らんぐう)に,画を池大雅(いけの-たいが)にまなび,47歳から生地の紀伊(きい)和歌山で藩につかえ書院番格となる。山水画にすぐれ,那智の滝,和歌浦などをえがいた作品をのこした。文政11年3月14日死去。82歳。名は隆。字(あざな)は隆年,松齢。別号に矮梅,四碧斎など。編著に「四碧斎画話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野呂介石

没年:文政11.3.14(1828.4.27)
生年:延享4(1747)
江戸後期の南画家。名は隆。通称九一郎。字は松齢,隆年。介石,矮梅,四碧斎などと号し,また後漢の第五倫を慕い,第五隆とも称した。和歌山の人。医師の家に生まれ,幼時,藩儒伊藤蘭嵎に師事して儒学を修め,寛政5(1793)年,47歳で紀州(和歌山)藩に仕えた。武芸にも励むまじめな武士であった。画は少年時,鶴亭,次いで池大雅に師事。仕官以前は画家として生活したか。黄公望,伊孚九に私淑して南宗山水を描く。しばしば「那智滝図」などの真景図を描いたのは大雅の影響かもしれないが,その画風は極めて穏和で,大雅には似ていない。画論に『介石画話』がある。

(武田光一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のろかいせき【野呂介石】

1747‐1828(延享4‐文政11)
江戸後期の文人画家。名は隆年,字は松齢。介石のほか混斎,四碧斎,四碧道人などと号した。紀州和歌山に生まれ,若年より画を志し京都に上った。一説に長崎派の黄檗僧鶴亭(?‐1785)に師事したともいうが,21歳で池大雅の門に入り山水画を学んだ。47歳のとき藩に召され,和歌山で藩の絵師となった。山水画を多く残したが,特に熊野の自然を好んで描き,《那智滝図》などが知られる。四碧斎の号はこの絵を賞して藩主が〈山色四時碧〉の一行書を贈ったことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のろかいせき【野呂介石】

1747~1828) 江戸後期の南画家。紀伊の人。池大雅の門。紀伊藩御用絵師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野呂介石
のろかいせき

[生]延享4(1747).1.20. 紀州
[没]文政11(1828).3.14. 紀州
江戸時代後期の南画家。名は隆,字は隆年,号は介石,混済,四碧道人,第五隆など。 21歳のとき上京して池大雅に師事。寛政5 (1793) 年紀州に帰り藩に出仕。木村蒹葭堂桑山玉洲らと交遊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野呂介石
のろかいせき
(1747―1828)

江戸後期の南画家。名は隆、字(あざな)は松齢、隆年。初め班石、のち介石と号す。ほかに矮梅居(わいばいきょ)、四碧斎などの号をもち、第五隆とも称した。紀州和歌山の医師の家に生まれ、10歳のころより伊藤蘭嵎(らんぐう)について儒学を修め、のち画事を好んで京へ遊学。47歳で紀州藩に出仕し、銅山方などを歴任している。画(え)は21歳のときに池大雅(いけのたいが)についたが、その画風には大雅の影響はほとんどなく、温和で理の勝った山水画は正統的な南宗画様式に近い。那智滝(なちのたき)図を好んで描き、また『紅玉芙蓉(ふよう)図』のような異色の作もある。語録に『四碧斎畫話』『介石小談』『介石小話』がある。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野呂介石の関連キーワード織田南豊丹鶴舟平井梅園三好汝圭藤井蘇堂小沢槐蔭矢野竹舌菅江嶺斎藤抱山木村黙斎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone