コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬藤城 むらせ とうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬藤城 むらせ-とうじょう

1791-1853 江戸時代後期の儒者。
寛政3年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)上有知(こうずち)の豪農,尾張(おわり)名古屋藩領53ヵ村の総庄屋。頼山陽(らい-さんよう)の高弟で,師との学問的問答をまとめた「二家対策」がある。尾張犬山の郷校,美濃八幡(はちまん)藩校の教授もつとめた。嘉永(かえい)6年9月3日死去。63歳。名は褧。字(あざな)は士錦。通称は平次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村瀬藤城の関連キーワード神田柳渓千秋笙峰河村内郷村瀬秋水村瀬太乙

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android