コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田廉窩 むらた れんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田廉窩 むらた-れんか

1842-1905 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)13年生まれ。清水礫洲(れきしゅう)の子。村田家の養子となり,三卿田安家につかえる。のち立志塾,全修学校をひらき,晩年また田安家につかえた。有職(ゆうそく)にもくわしかった。明治38年6月1日死去。64歳。名は直景。字(あざな)は仲介。通称は栄次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村田廉窩の関連キーワード明治時代幕末天保儒者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android