コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田廉窩 むらた れんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田廉窩 むらた-れんか

1842-1905 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)13年生まれ。清水礫洲(れきしゅう)の子。村田家の養子となり,三卿田安家につかえる。のち立志塾,全修学校をひらき,晩年また田安家につかえた。有職(ゆうそく)にもくわしかった。明治38年6月1日死去。64歳。名は直景。字(あざな)は仲介。通称は栄次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田廉窩の関連キーワード光の科学史竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府柳亭種彦キネーアフガン戦争アヘン戦争科学史