村田明哲(読み)むらた めいてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田明哲 むらた-めいてつ

1816-1878 江戸後期-明治時代の天文家。
文化13年生まれ。家は代々陸奥(むつ)仙台藩割烹(かっぽう)方。武田司馬に天文暦算をまなび,大番士,掌天学士となる。洋式軍艦開成丸建造の取締役をつとめ,また千島諸島を測量して藩から賞された。明治11年11月26日死去。63歳。通称は善次郎。号は尺蠖子。著作に「運気晴雨考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android