コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田明哲 むらた めいてつ

1件 の用語解説(村田明哲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田明哲 むらた-めいてつ

1816-1878 江戸後期-明治時代の天文家。
文化13年生まれ。家は代々陸奥(むつ)仙台藩の割烹(かっぽう)方。武田司馬に天文暦算をまなび,大番士,掌天学士となる。洋式軍艦開成丸建造の取締役をつとめ,また千島諸島を測量して藩から賞された。明治11年11月26日死去。63歳。通称は善次郎。号は尺蠖子。著作に「運気晴雨考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田明哲の関連キーワードキント東京(都)ボップマリア[1世]高山陣屋跡ナポリ王国ヘーゲル(年譜)河竹黙阿弥菊池徳子二条斉敬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone