コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杓子舞 しゃくしまい

世界大百科事典 第2版の解説

しゃくしまい【杓子舞】

民俗芸能。囃子舞(はやしまい)の一つ。しゃくしは招福・延命の呪具と考えられるが,しゃくしを採物(とりもの)として,〈見さいな見さいな 杓子舞を見さいな〉などと演者が歌いながら舞う囃子舞である。現行曲ではないが,新潟県柏崎市女谷(おなだに)の綾子舞(あやこまい)の囃子舞25曲の一つに見え,中世末から近世にかけて行われていたことがうかがえる。東北地方の囃子舞の中にも伝えられており,また愛知県北設楽(きたしたら)地方の花祭の〈みこ舞〉は道化がしゃくしと鈴を持って舞う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杓子舞の関連キーワード食器

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android