呪具(読み)じゅぐ(英語表記)charm

翻訳|charm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呪具
じゅぐ
charm

呪術的行為の媒体となるもの。呪文呪符呪薬,祭祀具など多くの種類がある。アフリカのアザンデ族ニャキュサ族などでは,動物の血を一種の呪具とみなし,犠牲者の家の柱に塗ることで病気や死をもたらすという。またウガンダニョロ族では,火災を受けた家屋の焼け残りに呪薬を塗ると,火災を引起した者が罰せられると信じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の呪具の言及

【呪術】より

…〈魔術〉は特に西欧における神秘思想の一領域を指すことが多い。
[呪術の要因]
 呪術を成り立たせているものは具体的には呪的行為と呪物(呪具)であり,そしてそれを観念的に支えているのは呪的信仰体系や呪的思考様式である。呪的行為には身体的動作だけでなく言葉による呪術,つまり呪文も含まれる。…

※「呪具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android