コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条件法 ジョウケンホウ

デジタル大辞泉の解説

じょうけん‐ほう〔デウケンハフ〕【条件法】

英語・フランス語などで、動詞の一。主として事実に反する仮定的条件を表す条件節に対する帰結節の中で用いられる法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

条件法【じょうけんほう】

動詞のの一つをなす文法範疇(はんちゅう)。ある条件,ことに,事実とは相違した仮定条件を表す文の帰結部に用いられる。一般には接続法の一種とみてよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうけんほう【条件法】

フランス語などで、主として事実に反する仮定的条件を表す前提節に対する帰結節の中に用いられる法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

条件法の関連キーワードエスペラントエストニア語労働基準法ヘブライ法人事院勧告イタリア語法(言語)契約の書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

条件法の関連情報