コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来馬植物群 くるましょくぶつぐん

1件 の用語解説(来馬植物群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くるましょくぶつぐん【来馬植物群】

長野,新潟,富山の3県にまたがる山岳地帯に分布する下部ジュラ系来馬層群(およそ1億7000万年前)とよばれる地層中に含まれている化石植物の総称。各種のトクサ,シダ,ソテツ葉類,イチョウ,球果類の化石がみごとに保存されている。来馬植物群は,三畳紀後期の植物群(日本では大嶺・成羽両植物群)とくらべ,ヤブレガサウラボシ科のシダが少なくなり,新しい形のベネチテス類が出現するなど,その組成はかなり異なり,中国大陸の長江(揚子江)沿いに広く分布する同時期の香渓植物群の組成によく似ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

来馬植物群の関連キーワード信濃川秩父山地中部山岳国立公園白山国立公園吉野熊野国立公園クルディスタン甲州上信越小蓮華山山岳救助隊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone