コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来馬植物群 くるましょくぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

くるましょくぶつぐん【来馬植物群】

長野,新潟,富山の3県にまたがる山岳地帯に分布する下部ジュラ系来馬層群(およそ1億7000万年前)とよばれる地層中に含まれている化石植物の総称。各種のトクサ,シダ,ソテツ葉類,イチョウ,球果類の化石がみごとに保存されている。来馬植物群は,三畳紀後期の植物群(日本では大嶺・成羽両植物群)とくらべ,ヤブレガサウラボシ科のシダが少なくなり,新しい形のベネチテス類が出現するなど,その組成はかなり異なり,中国大陸の長江(揚子江)沿いに広く分布する同時期の香渓植物群の組成によく似ている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

来馬植物群の関連キーワードベネチテス類

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android