東ケープ(読み)ひがしけーぷ(英語表記)Eastern Cape

日本大百科全書(ニッポニカ)「東ケープ」の解説

東ケープ
ひがしけーぷ
Eastern Cape

南アフリカ共和国南部の州。1993年末の暫定憲法の成立により、従来の4州が9州に再編されたのに伴い、旧ケープ州が東、西、北の3州と北西州の一部に4分割されて成立した。旧ホームランドのトランスケイシスケイを含む。面積16万9580平方キロメートル、人口648万1000、うち黒人565万、白人37万4000、カラード混血)44万1000、インド人1万6000(1996)。都市化率は低く32.6%。州都は旧シスケイ・ホームランドの首都ビショ。南アGDP(国内総生産)に占める東ケープ州の割合は7.5%と低く、主要産業部門は製造業、商業、金融・保険業、農業の順となっている。製造業は港湾都市ポート・エリザベス、イースト・ロンドンで盛ん。1人当り所得は4539ラント(1994)と全国平均の約2分の1。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android