東久世通積(読み)ひがしくぜ みちつむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「東久世通積」の解説

東久世通積 ひがしくぜ-みちつむ

1708-1764 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
宝永5年9月6日生まれ。東久世博高(ひろたか)の子。桃園天皇につかえ,従二位,権(ごんの)中納言となる。竹内式部(たけのうち-しきぶ)に垂加(すいか)神道をまなび,宝暦8年(1758)の宝暦事件に連座してを辞し,10年出家した。明和元年8月21日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「東久世通積」の解説

東久世通積 (ひがしくぜみちつむ)

生年月日:1708年9月6日
江戸時代中期の公家
1764年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android