東久世通積(読み)ひがしくぜ みちつむ

  • 東久世通積 (ひがしくぜみちつむ)
  • 東久世通積 ひがしくぜ-みちつむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1708-1764 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
宝永5年9月6日生まれ。東久世博高(ひろたか)の子。桃園天皇につかえ,従二位,権(ごんの)中納言となる。竹内式部(たけのうち-しきぶ)に垂加(すいか)神道をまなび,宝暦8年(1758)の宝暦事件に連座してを辞し,10年出家した。明和元年8月21日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1708年9月6日
江戸時代中期の公家
1764年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android