コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京の三十年 とうきょうのさんじゅうねん

1件 の用語解説(東京の三十年の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうのさんじゅうねん【東京の三十年】

田山花袋の回想集。1917年(大正6),書きおろしで博文館から出版。1911‐12年,40の峠を越えるころから心の動揺が激しくなった花袋が,ようやく安定のきざしが見えた時期にA.ドーデ《パリの三十年》にならって,自分の歩いてきた半生を振り返り,それを址として見つめようとしたものである。花袋の眼を通して見た,明治より大正にかけての文壇の動き,交遊の有様が,自然主義文学の盛衰を中心にして展開され,多少の誤りや記憶ちがいもあるが,明治から大正への推移を知るうえでの貴重な文献であり,また近代化されていく明治の風物を知ることのできるおもしろさを持っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東京の三十年の関連キーワード田山花袋田舎教師新小説文章世界一元描写太田玉茗羽生平面描写江馬修岡田美知代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京の三十年の関連情報