東儀頼玄(読み)とうぎ よりはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東儀頼玄 とうぎ-よりはる

1834-1898 幕末-明治時代の雅楽家。
天保(てんぽう)5年2月生まれ。京都の辻近敦の子。東儀如寿(ゆきひさ)の跡をつぎ,横笛をまなぶ。明治3年太政官雅楽局にはいり,21年伶人(れいじん)(楽師)長となる。笛も製作した。明治31年12月3日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android