コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽師/楽士 ガクシ

世界大百科事典 第2版の解説

がくし【楽師】

中国では皇帝諸侯のもとで祭祀,宴饗の楽をみずから指揮し楽人の教習に当たった者をいう。後世では音楽の師匠や演奏家一般を指すこともある。《周礼》春官には大司楽の下で下大夫の位にいるが,広義には楽師以下の大師,小師,磬師(けいし),笙師(しようし)などの師と付く楽人も包括して楽師と総称していたようである。その起源は《呂氏春秋》古楽に,黄帝時代の伝説上の人物で音律を定めた伶倫(れいりん)以下,歴代皇帝の音楽責任者の名が連なり,《史記》殷本紀にも楽師が周に逃げたと述べ,《史記》楽書に殷(いん)の楽師師延の名が見えるから,周朝の成立(前11世紀)以後に判定された雅楽をまたずともよいかもしれない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

楽師/楽士の関連キーワードサフィー・アッディーンJ・S・バッハ(年譜)ワルトトイフェル東儀 民四郎東儀 信太郎大村 恕三郎フェラボスコナルディーニモーツァルト東儀 頼玄安倍 季厳東儀 季煕バッハ一族吟遊詩人安倍季厳東儀鉄笛豊 時義野村安趙多 久尚薗 広進

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android