コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東名(ひがしみょう)遺跡 ひがしみょういせき

知恵蔵の解説

東名(ひがしみょう)遺跡

西日本最大級の縄文時代の貝塚である佐賀市内の遺跡。2006年2月までに約1300平方メートルの低湿地から集落、墓域跡が判明。約7000年前(縄文時代前期)の木編みカゴや木製容器、装飾を施したシカ骨、スッポン、カレイ、スズキ、ハゼ、クロダイイノシシモグラ、貝類などが確認された。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東名(ひがしみょう)遺跡の関連情報