東国正韻(読み)とうごくせいいん

世界大百科事典 第2版「東国正韻」の解説

とうごくせいいん【東国正韻】

朝鮮に現存する最初の書。李朝の申叔舟らが中心になり編集した活字本6巻。1447年(世宗29)成立,翌年刊行。4声・23母・91韻に分類している。朝鮮漢字音を整理すべく元の《古今韻会挙要》(1297)の諺解(ハングル訳)を図ったがうまくゆかず,これを土台に朝鮮字音独自の韻書を作ることになり成立。巻分けは中国のごとく四声の別をもってせず,同種の韻を一括し,その中を4声に分けている。字音は初期のハングル字体で示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android