東宮侍従(読み)とうぐうじじゅう

精選版 日本国語大辞典「東宮侍従」の解説

とうぐう‐じじゅう【東宮侍従】

〘名〙 東宮職の職員で、皇太子常侍奉仕する。定員三人で奏官。その上に勅任官の東宮侍従長があった。現在は六人で、その中の一人は東宮職の庶務をつかさどり、東宮職事務主管と称する。
※宮内省達第二一号‐明治二二年(1889)一一月三日「東宮侍従 三人 奏任 常侍奉仕す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の東宮侍従の言及

【侍従】より

…なお,96年に侍従武官の制が定められ,軍事に関する奏上・奉答および命令の伝達等に任じたが,この制度は1945年に廃止された。 現在は,総理府宮内庁の職員として侍従長,侍従次長,侍従があり,また皇太子に近侍する東宮侍従長,侍従がある。【柳 雄太郎】。…

※「東宮侍従」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android