東寺かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

東寺かぶ

京都府京都市の東寺付近でかつて栽培されていたカブ大津の「近江かぶ」の近縁とされるが定かではない。根部は扁平で、地上部は緑色を帯びる。肉質は緻密で、千枚漬けの材料に用いられたが、「聖護院かぶ」の普及とともに衰退し、昭和50年代に栽培が途絶えた。絶滅品種だが、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android