コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東寺かぶ

1件 の用語解説(東寺かぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

東寺かぶ

京都府京都市の東寺付近でかつて栽培されていたカブ。大津の「近江かぶ」の近縁とされるが定かではない。根部は扁平で、地上部は緑色を帯びる。肉質は緻密で、千枚漬けの材料に用いられたが、「聖護院かぶ」の普及とともに衰退し、昭和50年代に栽培が途絶えた。絶滅品種だが、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東寺かぶの関連キーワード京都府京都市伏見区景勝町京都府京都市西京区桂市ノ前町京都府京都市西京区桂御園京都府京都市左京区聖護院東寺領町京都府京都市上京区鷹司町京都府京都市下京区高槻町京都府京都市下京区高辻町京都府京都市南区東寺町京都府京都市南区東寺東門前町京都府京都市伏見区深草大亀谷東寺町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone