コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東寺かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

東寺かぶ

京都府京都市の東寺付近でかつて栽培されていたカブ大津の「近江かぶ」の近縁とされるが定かではない。根部は扁平で、地上部は緑色を帯びる。肉質は緻密で、千枚漬けの材料に用いられたが、「聖護院かぶ」の普及とともに衰退し、昭和50年代に栽培が途絶えた。絶滅品種だが、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android