東屋 三郎(読み)アズマヤ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

東屋 三郎
アズマヤ サブロウ

大正・昭和期の俳優



生年
明治25(1892)年5月15日

没年
昭和10(1935)年7月3日

出生地
東京市神田区駿河台(現・東京都千代田区)

本名
油屋 三三郎

学歴〔年〕
慶応義塾大学法科〔大正7年〕卒

経歴
父は政治家光明寺三郎、母は柳橋芸者お六だが、実父は光明寺の親友・西園寺公望という異説もある。明治26年父の死後、西園寺家で養育された。大正6年踏路社結成に参加、「画家とその弟子」で新劇俳優としてデビュー。のち第二次舞台協会に参加し、12年映画「三つの魂」「毒塵」に主演。13年築地小劇場に加わり、昭和3年6幕の大作「空気饅頭」で主役を演じた。同年小山内薫の死後築地小劇場を脱退。5年劇団新東京、7年築地座結成に参加、舞台活動の傍ら、10年P・C・Lの「三色旗ビルディング」にも出演した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

東屋 三郎
アズマヤ サブロウ


職業
俳優

本名
油屋 三三郎

生年月日
明治25年 5月15日

出生地
東京市神田区駿河台(東京都 千代田区)

学歴
慶応義塾大学法科〔大正7年〕卒

経歴
父は政治家光明寺三郎、母は柳橋芸者お六だが、実父は光明寺の親友・西園寺公望という異説もある。明治26年父の死後、西園寺家で養育された。大正6年踏路社結成に参加、「画家とその弟子」で新劇俳優としてデビュー。のち第二次舞台協会に参加し、12年映画「三つの魂」「毒塵」に主演。13年築地小劇場に加わり、昭和3年6幕の大作「空気饅頭」で主役を演じた。同年小山内薫の死後築地小劇場を脱退。5年劇団新東京、7年築地座結成に参加、舞台活動の傍ら、10年P.C.L.の「三色旗ビルディング」にも出演した。

没年月日
昭和10年 7月3日 (1935年)

家族
妻=岸 輝子(女優),父=光明寺 三郎(政治家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android