コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山湛照 とうざん たんしょう

2件 の用語解説(東山湛照の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東山湛照 とうざん-たんしょう

1231-1291 鎌倉時代の僧。
寛喜(かんぎ)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の円爾(えんに)の法をつぐ。三聖(さんしょう)寺をひらき,師の死後遺命で東福寺2世となる。のち三聖寺に退隠し,虎関師錬(こかん-しれん)らをそだてた。正応(しょうおう)4年8月8日死去。61歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。号は十地。諡号(しごう)は宝覚禅師。語録に「宝覚禅師語録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東山湛照

没年:正応4.8.8(1291.9.2)
生年:寛喜3(1231)
鎌倉末期の臨済宗の僧。備中(岡山県)の人。諡号は宝覚禅師。はじめ浄土教を学ぶがのちに禅宗に衣を替える。円爾の法を嗣いだのち,三聖寺を開いて三聖門派を形成した。この門派はのちに,荘厳門派とともに聖一派の2大門派となった。また伏見天皇に招かれ宮廷で説法,五山の万寿寺の住持にもなっている。弘安4(1281)年には,円爾示寂のあとを受けて東福寺第2世となるも,ほどなくして三聖寺に戻る。正応4(1291)年,押し入った盗賊により刺殺される。遺骨は円通寺に葬られた。弟子に『元亨釈書』の選者虎関師錬がいる。<著作>『東山録』『宝覚禅師語録』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東山湛照の関連キーワード正韵摂応晋恒淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝福島慶道愚堂宗哲広叔元運済家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone