東日本大震災復興構想会議(読み)ヒガシニホンダイシンサイフッコウコウソウカイギ

デジタル大辞泉の解説

ひがしにほんだいしんさい‐ふっこうこうそうかいぎ〔‐フクコウコウサウクワイギ〕【東日本大震災復興構想会議】

東日本大震災で被災した地域の復興のあり方について、内閣総理大臣諮問に応じて調査・審議し、提言を行う機関。学者・被災県の知事・建築家・作家・ジャーナリストなどの有識者で構成され、提言は政府の復興指針に反映される。平成23年(2011)4月に設置。
[補説]平成23年6月、減災の考え方に基づいた地域の構築、民間の資本・技術を呼び込む特区制度の活用、自立・分散型エネルギーシステムの導入、基幹税等の臨時増税による復興財源の確保などを盛り込んだ「復興への提言」を取りまとめた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東日本大震災復興構想会議の関連情報