コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東東莱 あずま とうらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東東莱 あずま-とうらい

1807-1872* 江戸時代後期の画家。
文化4年生まれ。東東洋の次男。父に四条派の画風をまなび,法橋(ほっきょう)の称号をうける。のち文人画に転じた。儒者大槻磐渓(おおつき-ばんけい)らにまなび,詩文にも長じた。明治4年12月4日死去。65歳。名は五俊。字(あざな)は子竜。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東東莱の関連キーワード木村香雨山内耕烟

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android